糖鎖や脳梗塞を予防|メディカルサプリメント

くすり

積極的に摂取

20代後半頃から積極的な摂取が必要

微笑む男性

酵素とは、食べた物を分解し、そこからエネルギーを作り出すために必要なものです。人間は、そのエネルギーを使って体を動かしていますし、呼吸や心臓の鼓動などの生命維持に必要な活動も、エネルギーによっておこなわれています。したがって、エネルギーを作り出す酵素がなければ、人間は生きていくことができないと言えます。 そして酵素は、加齢とともに体内でどんどん作られにくくなっていきます。年をとると体を動かしにくくなったり疲れやすくなったりするのは、そのためです。酵素は、20代後半頃から急激に生成量が減っていくと言われています。そのため健康な体を維持するためには、20代後半頃から積極的に酵素を摂取することが大事なのです。

発酵食品や酵素のサプリメント

酵素は、発酵食品に多く含まれています。たとえば味噌や豆腐や納豆などは、大豆を発酵させて作られた発酵食品です。また、ぬか漬けや粕漬けなどの漬け物も、発酵食品のひとつです。さらに酢も、米や麦などの穀物を発酵させて作られています。そのため、酢を使った酢の物や魚の酢じめなども、一種の発酵食品と言えます。 こういった発酵食品を日々食卓に積極的に取り入れていくことで、十分な量の酵素を摂取できると言えます。しかし中には、発酵食品の風味が苦手な人もいます。そういった人でも酵素を簡単に摂取できるように、昨今では酵素のサプリメントも多く販売されるようになっています。それを飲めば、発酵食品を多く食べなくても、酵素による健康維持が可能になります。